パーキンソン病に立ち向かえ!

新着情報


2019年11月12日

12月のスケジュール更新


2019年11月5日

お待たせしました埼玉でRSBクラスが始まります!


2019年9月15日

10月・11月のスケジュール更新


2019年9月4日

お待たせしました仙台でRSBクラスが始まります!


2019年8月16日

8月25日さいたまでRSB講演あります!


2019年8月15日

8月・9月のスケジュール更新


2019年7月23日

Kinetikosでインタビューを受けました!


Rock Steady Boxingとは?

 ロックステディ ボクシング(RSB)とは、2006年にアメリカインディアナポリスで設立された、パーキンソン病(PD)の方々の為のボクシングセラピープログラムです。創設者スコット・ニューマン氏40歳のときにパーキンソン病と診断されました。そこで、身体を動かすためにもと始めたボクシングがきっかけとなったボクシングセラピープログラムです。現在はアメリカでは800ヶ所を超えるジムで実施されています。



RSB神戸での様子

ロックステディはアメリカ人には出来ても日本人には難しいのでは??

そんな事はありません。神戸でクラスを行っていますがメンバーは楽しく参加出来ています。もちろんそれぞれの方に合わせて出来る内容など変えていますので、ご安心して参加頂けます。

RSB神戸のクラスの様子を動画で紹介しています。参加者は診断後2年から10年の方、年齢も40代から70代の方まで様々です。1分30秒ほどにまとめてありますので、是非ご覧いただければと思います。



世界パーキンソン病学会でのクラスの様子

世界パーキンソン病学会でのロックステディのクラスを4分ほどの動画にまとめました。今回は海外の方も多いので、和太鼓パフォーマンスグループ鼓動さんが力を入れている運動グループの「エクサドン」とコラボしています。ロックステディはいつもはガンガン音楽をかけていますが、今回は和太鼓でのリズムとなりカッコイイ!!WPCに参加された方は懐かしく、参加出来なかった方は、雰囲気でも伝わればとおもいます。


筋トレおばちゃんカズ

パーキンソン病と診断されて7年のオーストラリア在住、自称筋トレおばちゃんのカズさんです。診断される前は腹筋が割れるほどの筋トレや運動をしていたにも関わらず、PDになってしまった事がショックで運動に関する物を全て捨てて、1年ほどは全くなにも出来なかったそうです。あれだけ筋肉があったのに、1年なにもしない事で筋肉が落ちたこともさらにショックだったようですが、主治医が進めてくれたパーキンソン病のリハビリ・運動プログラムに参加するようになって自分の変化に気付けたのが一番大きかったと話してくれています。

3分ほどの動画になりますが、是非ご覧下さい。



コントロールPD:パーキンソン病に負けない!!

PD15日間チャレンジ

登録は無料!

15日間毎日短いビデオメッセージが届きます。毎日ビデオをとおして運動や考え方をお伝えしていきます。

詳しくは横のリンクをクリック



Facebookページもやってます!